びんご産業支援サイトは、備後圏域6市2町(福山市・三原市・尾道市・府中市・世羅町・神石高原町・笠岡市・井原市)の企業向けセミナー・研修を検索できるサイトです。

文字サイズ:  大きく標準小さく

< カレンダーを拡大して見る場合 ~ ピンチアウト操作をご利用ください >

※2本の指を画面に乗せ、画面上を伝わせながら指の間を広げる操作で画面は拡大します(ピンチアウト)。
※縮小する場合はピンチアウト操作の反対で、画面上の広げた指を狭めるような操作を行います(ピンチイン)。


セミナー・講習会 日程カレンダー

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
シーケンス制御による電動機制御技術
シーケンス制御による電動機制御技術
6月 13 – 6月 20 全日
コース名 シーケンス制御による電動機制御技術 旧コース名:有接点シーケンス制御による電動機制御の実務 2日間コース コース概要 シーケンス制御設計の生産性の向上を目指して、効率性、安全性に向けた電動機実習を通じて、電動機制御の実務能力を習得します。 1.電動機の知識                  2.電動機の始動法 3.電動機制御実習               4.まとめ (写真) 使用機器等 電磁継電器、スイッチ、表示灯、テスタ、工具、誘導電動機 担当講師 福山能開短大 電気系講師 受 講 料 9,500 定  員 10名 受講者持参品 筆記用具 コース番号 8D106 日  程 2020年6月13日(土)、20日(土)  9:30~16:30
14
15
16
17
2次元CADによる機械設計技術
2次元CADによる機械設計技術
6月 17 – 6月 19 全日
コース名 2次元CADによる機械設計技術 旧コース名: 3日間コース コース概要 機械設計における2次元CADの活用による効率化と生産性の向上をめざして、製品企画から具体的加工の指示を出すための図面(設計製図、工程図等)の作図方法、CADを使用する場合の環境の構築、効果的かつ効率的使用法及びデータ管理方法について習得します。 1.構想と基本設計      2.詳細設計・作図 3.実践課題                4.設計の効率化 5.まとめ (写真) 使用機器等 AutoCAD 2017 担当講師 福山能開短大 機械系講師 受 講 料 15,000 定  員 10名 受講者持参品 筆記用具、関数電卓 コース番号 8M102 日  程 2020年6月17日(水)、6月18日(木)、6月19日(金)  9:30~16:30
18
マシニングセンタプログラミング技術
マシニングセンタプログラミング技術
6月 18 – 6月 20 全日
コース名 マシニングセンタプログラミング技術 旧コース名: 3日間コース コース概要 NC機械加工の生産性の向上をめざして、工程の最適化(改善)に向けたプログラミング課題実習と加工・検証実習を通じて、要求される条件を満足するためのプログラム、工具補正の設定法などマシニングセンタ作業に関する技術を習得します。 1.各種機能とプログラム作成方法 2.課題実習 3.プログラム課題実習と加工及び検証 (FANUC準拠) (写真) 使用機器等 マシニングセンタ(森精機NVX5100Ⅱ) 担当講師 福山能開短大 機械系講師 受 講 料 15,000 定  員 10名 受講者持参品 筆記用具、関数電卓、作業服、作業帽 コース番号 8M103 日  程 2020年6月18日(木)、6月19日(金)、6月20日(土)  9:00~17:00
19
20
21
22
23
24
精密測定技術
精密測定技術
6月 24 – 6月 25 全日
コース名 精密測定技術 旧コース名: 2日間コース コース概要 製品の品質向上に資する測定作業の最適化をめざして、ノギス、マイクロメータ、ダイヤルゲージなどの代表的な測定工具の正しい操作と取扱いから、定期検査を行うための技術・技能を実習を通して、精度管理に関する職務を遂行できる能力を習得します。 1.計測管理と定期検査                               2.測定工具の検査実習(ノギス) 3.測定工具の検査実習(マイクロメータ)      4.測定工具の検査実習(ダイヤルゲージ) 使用機器等 ノギス、マイクロメータ、ダイヤルゲージ、ブロックゲージ、定盤 担当講師 福山能開短大 機械系講師 受 講 料 13,500 定  員 8名 受講者持参品 筆記用具、電卓 コース番号 8M108 日  程 2020年6月24日(水)、6月25日(木)  9:30~16:30
25
26
27
FET回路の設計・評価技術
FET回路の設計・評価技術
6月 27 – 7月 4 全日
コース名 FET回路の設計・評価技術 旧コース名 旧コース名: 2日間コース コース概要 FETを用いたアナログ回路の設計・開発の効率化・最適化(改善)をめざして、MOS-FETの原理から、ゲート容量に関する使用上の注意点、実用上必要なゲートドライブ回路を実習を通して習得します。 1.電子工学の基礎からMOS-FET(Siスーパーインジェクション構造、ワイドギャップFETまで)の知識 2.実用上重要なゲート容量およびゲートドライブ回路の知識  3.TrとFETの比較評価の実習 4.ゲート容量とゲート抵抗を組み合わせにおけるFETスイッチング特性評価の実習 5.FET応用回路のDC-DC変換回路の作成とスイッチング特性評価の実習 (写真) 使用機器等 オシロスコープ、ファンクションジェネレータ、パワーMOSFET,ブレッドボード、実習用基板 担当講師 電子情報技術科講師 受 講 料 14,000 定  員 10名 受講者持参品 筆記用具、電卓 コース番号 8D503 日  程 令和2年6月27日(土) 7月4日(土)  9:30~16:30
28
29
30
カレンダーの使い方
画面の拡大・縮小方法

ページトップへ戻る