びんご産業支援サイトは、備後圏域6市2町(福山市・三原市・尾道市・府中市・世羅町・神石高原町・笠岡市・井原市)の企業向けセミナー・研修を検索できるサイトです。

文字サイズ:  大きく標準小さく

< カレンダーを拡大して見る場合 ~ ピンチアウト操作をご利用ください >

※2本の指を画面に乗せ、画面上を伝わせながら指の間を広げる操作で画面は拡大します(ピンチアウト)。
※縮小する場合はピンチアウト操作の反対で、画面上の広げた指を狭めるような操作を行います(ピンチイン)。


セミナー・講習会 日程カレンダー

1
PLCによる自動化制御技術 9:30 AM
PLCによる自動化制御技術
7月 1 9:30 AM – 4:30 PM
自動化設備の効率化を目指して、PLC制御の回路設計技術及び移動ラインのプログラム保守にかかる実務能力を実践的な総合課題を通して学んでいきます。 PLCプログラミングを学びたい方、お待ちしております!
2
3
新入社員を早く一人前の技術者にするための基礎講座 9:30 AM
新入社員を早く一人前の技術者にするための基礎講座
7月 3 9:30 AM – 7月 5 4:30 PM
新入社員が出来るだけ早く一人前の実務をこなせる様になって欲しい。 そのためにOJTでの色々な施策が十分な効果を上げる事が出来るだけの 基礎的スキルを新入社員に身に付けさせる事をねらいとします。 ①先輩の教える内容が良く理解できる。 ②先輩を見よう見まねで学ぶ際にその内容が良く理解できる。 ③技術標準・業務標準を使っての教育が良く理解できる。 ④技術標準・業務標準を自学自習する際にその内容が良く理解できる。
4
原価計算の進め方 9:30 AM
原価計算の進め方
7月 4 9:30 AM – 7月 5 4:30 PM
原価と費用の構成、製造原価の把握、間接費の配賦の仕方、原価管理、 改善のための利益図表、原価計算の種類など原価計算の基礎を習得し, 原価管理、原価改善への導入を行う研修です。 次のような特徴を持たせています。 ① 部門で異なる原価計算のニーズにできるだけ対応できるようしくみや活用を説明 ②テキストの補助として、プロジェクターでの画像、図、など多用して理解を深める ③原価計算と活用の実践事例を含めた説明 ③ 練習問題、ものづくりと商品の発想と原価計算、原価改善の演習
5
6
機械製図―初級(JISを学ぶ) 9:30 AM
機械製図―初級(JISを学ぶ)
7月 6 9:30 AM – 7月 7 4:30 PM
マツダ株式会社との共同開発カリキュラムです。機械製図の経験が少ない方や、 それに近い方が、部品など形のある物を、JIS規格に基づいた図面に、どのようにして表すか? を理解して頂く為の講座で、次のような特徴を持たせています。 ① JIS規格を習得できる。 ② JIS規格に基づいた第三角法による図面を読む技術、描ける技術を習得できる。 ③ 修了後、復習を可能にする為、機械製図を詳しく解説した教科書をお渡しする。
7
8
実践計測技術 9:30 AM
実践計測技術
7月 8 9:30 AM – 4:30 PM
電気・電子機器製造における検査・メンテナンスの効率化・最適化をめざして、回路製作及び測定実習を通して各種計測機器の活用技術を習得する。
PLCによる自動化制御技術 9:30 AM
PLCによる自動化制御技術
7月 8 9:30 AM – 4:30 PM
自動化設備の効率化を目指して、PLC制御の回路設計技術及び移動ラインのプログラム保守にかかる実務能力を実践的な総合課題を通して学んでいきます。 PLCプログラミングを学びたい方、お待ちしております!
9
10
11
12
13
中堅・幹部技術者のための革新課題の設定と解決の勘どころ 2:40 AM
中堅・幹部技術者のための革新課題の設定と解決の勘どころ
7月 13 2:40 AM – 7月 14 3:40 AM
環境変化の中で、変革の芽発見力の強化」、「情報収集・分析をもとに革新課題を導く手法の習得」、 「効率的に問題解決を図る手法の修得」を可能にすることを狙いに下記の特徴を持たせる。 1 組織・チームのリーダーである中堅・幹部社員の革新に向けたセンスアップを環境分析法(SWOT分析) により修得する。 2 問題とは何か、真の原因を各分野で有効な「フレームワーク」により効率的に分析し、 革新課題設定・目標設定の仕方を修得する。 3 問題解決に向けた考え方、効率的な問題解決に有効な仮説の立て方、60%ルール等を修得する。 4 各単元に事例研究を設け、現場での適用の仕方を修得する。
14
15
16
17
18
19
20
不確実な環境,危機時の意思決定に効果的なクリティカル・シンキング 9:30 AM
不確実な環境,危機時の意思決定に効果的なクリティカル・シンキング
7月 20 9:30 AM – 7月 21 4:30 PM
本研修の目的は,人が陥りやすい思考の偏りや先入観を自覚した上で, それを脱却して論理的な思考方法を身に付けることにより生産的な意思決定と 解決行動ができるようになることです。 正しい判断を行うために自分自身を知ることから始めます。 そして,企業・組織において頻度の高い場面である「因果関係の推定」, 「問題解決」,「意思決定」,そのための「議論」を題材にしています。 研修内容は,主として心理学,経済学および統計学の研究成果に基く原則を, 実際に適用できるよう分かり易く解説します。 また、研修の中でグループに分かれて実際の場面を想定した事例を話し合う演習は、 学んだ原則を応用するスキルを習得し,独りよがりの思考を是正し, 正しく考える機会となります。
21
22
23
24
プラスチックー材料と成形技術 (基礎講座) 9:30 AM
プラスチックー材料と成形技術 (基礎講座)
7月 24 9:30 AM – 7月 25 4:30 PM
プラスチック材料は、20世紀に誕生した人工の新材料であるが、今や、自動車業界、電気・電子業界、建築業界などの多くの産業にとって不可欠の材料となっている。プラスチック材料は、PE、PP、PS、PMMA、PET、ABSなど、われわれの日常生活の多くの製品に使用されており、身近なものになっている。プラスチック材料は、化学的には高分子物質からできており、熱可塑性樹脂と熱硬化性樹脂の二つに大きく分類されている。プラスチックは、その物性や用途から汎用樹脂、高機能性樹脂(エンプラ)など多くの種類が開発され使用されている。 この研修では、プラスチック材料を使用する経験の少ない技術者や管理者の方々が、高分子と高分子化学の基礎の理解を深めて、プラスチック材料の概要を把握して、その応用に役だたせることを目的としている。 この研修の1日目では、高分子と高分子化学の基礎を学び、プラスチック材料を構成する各高分子について理解し、プラスチック材料の物性等の概要を把握して、プラスチック材料に対する理解を深め、その応用に役立てる。 研修の2日目は、プラスチック材料を使用するにあたって重要なその成形技術について、成形加工の基礎理論を学び、一次加工技術、二次加工技術等の基礎技術を習得していただきます。
25
26
Excel応用(2016)ー面倒な操作を自動化するマクロVBA編ー 9:30 AM
Excel応用(2016)ー面倒な操作を自動化するマクロVBA編ー
7月 26 9:30 AM – 7月 27 4:30 PM
Excelの基本機能をマスターされた方を対象に、マクロやプログラミング言語「VBA」 を習得します。 繰り返し行う処理や、チェック作業、データの振り分けなどをマクロで自動化することで、 日常業務をさらに効率よく行う技術が身に付きます。
27
28
29
組込み技術者のためのCプログラミング(Linux活用編) 9:30 AM
組込み技術者のためのCプログラミング(Linux活用編)
7月 29 9:30 AM – 4:30 PM
組込みシステムの設計手段の効率化(改善)をめざして、組込みマイコンシステムの構成や開発手法を理解し、システムの最適化のための設計・開発技術を習得する。
30
31
電子回路設計のための基礎力養成講座ー(3)OPアンプ,積分回路,デジタル回路,他 9:30 AM
電子回路設計のための基礎力養成講座ー(3)OPアンプ,積分回路,デジタル回路,他
7月 31 9:30 AM – 4:30 PM
電子回路技術は広範囲な分野や業種で必要とされています。 本講座の狙いは,短期間で電子回路の理論と実務を理解し,基礎力を養うことです。 そのために現代の実用電子回路設計で必要な項目や事象を, 洗練された知識から現場ですぐに応用・活用できるように解説します。
カレンダーの使い方
画面の拡大・縮小方法

ページトップへ戻る